敬心室

室方針

室長:塚田 高大

 先達から歴史を受け継ぐ我々は、長きに亘り培った地域からの信頼を失墜させることなく、今後も積み重ねていかなければなりません。絶えず変化する社会情勢において、順応性が求められ信頼される組織の基軸となる財務運営やコンプライアンスは高い精度が必要となります。そのうえで、一人ひとりが社会問題への見識を深め、Jayceeとして良識をもち行動することで、会員に与えられた責任を果たし組織に厚みをもたせ、より良いJC運動を推進します。また、我々の運動には必ず対象者が存在し、対象者に運動が伝播しなければ意味がありません。だからこそ、我々の想いに市民から共感を得るためにも、運動の発信者としての当事者意識をもち情報発信をすることに加え、組織として効果的な手法を用いた広報を推進します。
当室は本年、適正な組織運営のもと、責任感に満ちた良識ある会員がJC運動に取り組む環境を構築します。そのうえで、溢れんばかりの想いが伝わる広報により運動を広く伝播することで、まちに能動的な変革をもたらすべく邁進します。


総務財務委員会

委員長:田上 直寿

 長野JCは長きに亘り地域の期待に応える運動を推進し、まちづくり団体としての確固たる地位を築くことで、まちの発展に貢献して参りました。情報化社会が進展し組織を揺るがす情報が拡散し易い時代であるからこそ、信頼される組織であり続けるためには、厳格なルールに基づく組織運営が必要不可欠です。そのためにも、意思決定の場である総会、理事会を円滑に運営するとともに、適正な財務運営を徹底します。また、社会の変化に対応するより良い組織であるためには会員一人ひとりの常識に基づく良識ある行動が重要です。だからこそ、会員が世の中の規則を正しく理解し、社会問題と向き合う機会を創出することで、社会的責任を自覚した行動を働きかけます。さらに、会員としての責任を深く認識するために、次世代の青年経済人である若者に社会的責任を担う一員であることを伝播します。
当委員会では、より厳正な組織運営を行い、全会員が自らの意思を持って行動に移すことで今まで以上に地域にインパクトを与え、頼られる団体を目指し邁進して参ります。


広報委員会

委員長:村石 雅之

 近年の情報通信媒体の進歩と浸透は目ざましく、誰もが顔を見せずして自由に情報発信ができ、受け手も多様な情報から自由に取捨選択できる時代となっています。長野JCは各種媒体を積極的に活用した広報を行ってはいるものの、大量の情報が氾濫する中で我々の想いが届きにくくなっている事実は否めません。
だからこそ、情報の受け手から共感を得られる効果的な広報を実現する必要があります。そのためにも、共感を得るべき対象者を明確に定め、様々な情報伝達手段を活用し、各事業に込められた想いを丁寧かつ確実に伝達します。また、全ての会員が我々の想いを伝播する当事者としての意識を高め、一人ひとりが長野JCの顔として責任をもって情報発信する土壌を築きます。さらに、市民から賛同を得るためには法令順守が絶対であり、各事業に対し厳格なコンプライアンス審査を実践して参ります。
当委員会は、地域のために真剣に汗をかく同志の活動を的確に発信し、常に顔の見える広報を意識しながら、長野JCの攻めの広報の礎を築く一年とすべく邁進します。