想発室

室方針

室長:礒 宏典

長野JCは高い志を持つ会員が集い、日々の運動を通じて自己成長を図り、長きに亘り地域のまちづくりとひとづくりに貢献して参りました。しかし現状に目を向けると、JC運動の目的や本質を理解せず事業に参加するだけの会員が散見され、その根幹が揺らいでいます。今こそ本来あるべき姿を取り戻し、JC運動の意義を見つめ直す機会が求められています。
長野JCには例会という月に一度全会員が一堂に介する機会があり、自らの成長へとつながる有益な場であることを再認識することが必要です。そのうえで、会員同士が真摯に向き合い刺激しあうことで、Jayceeとしての心構えを見つめ直しこころの姿勢を確立します。また、出向を経験してきた先達がLOMやまちにどの様な影響を与えてきたのか共有し、出向の魅力や自己成長の可能性を感じることのできる機会を創出することで、今まで以上に幅広い視野で運動推進する意識を向上させます。
全会員がJC運動に積極果敢に挑戦し切磋琢磨することで組織力を向上させ、長野のまちの発展へと寄与する一年とします。


例会委員会

委員長:池田 和樹

 例会は長野JCの方向性や事業を全会員が共有するための重要な場であるとともに、同じ志を持つ仲間の熱い想いに触れ刺激されることで、会員一人ひとりのJC運動への機運が高まる機会です。しかしながら、例会に参加するだけの会員が散見され、例会に臨む会員の意識格差が課題になっています。
だからこそ例会のあるべき姿を取り戻すために、例会の本質や意義を全会員と共有する機会を創出することで、参加者全員が例会の当事者であることを意識統一します。また、例会を担当する委員会の情熱や想いをより多く発信することで、例会への参加意欲を高めます。さらに、参加者一人ひとりが例会に真摯に向き合い、自らの考えを積極的に発言する姿勢を求めることで、参加者と運営者の両者にとってより学び多き例会を目指します。
当委員会は理想を追い求め、小さな一歩を着実に積み重ねることで、全員参加型の質の高い例会を構築します。JC運動の基礎となる例会の水準を高めることで、長野JCの推進力が向上し、明るい豊かなまちを実現すべく邁進します。


出向者支援委員会

委員長:堤 健至

 長野JCの先達は地域の枠を超えて国内のみならず世界へと活躍の場を求めることで自己成長を図り、そこで得た貴重な経験をLOM内で分かち合うことで組織を成長させてきました。しかし近年、会員の出向への意欲の低下や、出向者の活動に対する関心の希薄化が見受けられます。今一度、より強固な出向体制及び支援体制を構築し、会員の新たな挑戦への意欲を高めることが必要です。
そのために、出向者の活動内容や想いを発信する機会をより多く設けることで、出向への理解を深めます。また、各種大会の意義や魅力を的確に伝え、多くの会員に積極的な参加を促すことで、出向者の活動 内容を肌で感じ、幅広いフィールドで活動することへの意欲を高めます。さらに、全会員が出向者を全力で支援する文化を組織に根付かせることで、出向で得られる学びをLOMに還元し、個人の成長を組織の成長へと結びつけます。
当委員会は、会員が自らの殻を破り新たな挑戦へと踏み出す機運を高めることで、まちに新たな視点で能動的な変革をもたらす組織であり続けられるよう邁進します。